スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての金比羅温泉 2

2015.03.07.Sat.00:00
僕も1回りしようとしていると、すれ違いざまにオジサン達に股間、ケツを触られます。
そして、さっきとは別のオジサンに
「よく来るの?」「学生?」と話しかけられ股間に手が伸びてきます。
軽くあしらい逃げても、遠慮なく迫ってきます。
あまりにしつこいので、さすがにイラッとしてしまい
「しつこいですよ」と強めに言ったら、恨めしい目つきで睨まれます。
ちょっと落ち着きたいのに…と気分が萎えてしまいました。

どうして自分はこんなに積極的に手を出されるのかと考えると、年より若く見られるのと大人しそうな見た目なので狙いやすいというか、押せば何とかなる手頃な若ホモと思われている気がします(笑)
そして、熟年が多いハッテン場にありがちな
「オジサンが抜いてあげるから早く早く」的な感じでグイグイ迫られると萎えてしまいます。
露出、見られ好きなので一方的にイカせられるだけではテンション上がりません。
チラチラ見ているけど手を出してこない人にドバッと変態を晒すのが理想です。
共感してもらえる人いるでしょうか…

そんなこんなで人が多い時間帯も過ぎ、何もなしで帰るかなと寒い休憩室のベンチに座っていたら、40代の筋肉質の人が勃起したチンポ見せつけてきます。
いいカラダでエロいチンポだったので、僕もすぐ反応して勃起したチンポ見せつけてしまいました。
Sっ気ある人だったのか、僕の見られ好きMがバレたのかわかりませんが
「お前一人でやれ」的なノリになって、挑発ズリ開始です。
その人の前で床に座り乳首、チンポ弄ります。
ゲイだらけでも公共の場なので、誰か入ってきたらどうしようかと思ったのですが、もうどうでもよくなってチンポにツバ垂らしてシコります。
床に寝て足を掴んで正常位の体勢でズリ見せ、後ろを向いて四つん這いになってケツ見せつけます。
相手もビンビンの上反りチンポで反応してくれます。
他にもギャラリーがいたらうれしかったのですが、残念ながらその人だけでした。
「イッていいですか?」と聞くと「イケよ」と言われ
床に寝たまま自分の腹に出しました。
イクまでは寒く感じなかったのにイッた後はめちゃくちゃ寒くなり、軽く会釈して浴室へ戻りました。
ドロドロのザーメンまみれの体を
「俺、何やってんだろう」感に浸りながらシャワーで流しました(笑)

ということで、初めての金比羅温泉でした。
スーパー銭湯とは違う昔ながらの銭湯で乱れ、汚れるのが興奮しました。
死角だらけの入り組んだ造り、小さな湯船の密着感、休憩室の雰囲気と、そりゃハッテン場になるなという印象です。
書いていて忘れていたのですが、もちろんここは一般の銭湯ですので…(笑)
暖かくなったら、また休憩室で汗だくでやりたいと思っています。

初めての金比羅温泉 1

2015.03.06.Fri.00:00
場末のハッテン場にハマッって以来、ずっと気になっていた金比羅温泉に行ってきました。
普通の銭湯なのに、初めて入るハッテン場のようなドキドキ感で番台で料金を払います。
週末の夜だったのですが脱衣場のロッカーは、そこそこ埋まっています。
脱衣場の雰囲気(浴室含め何もかもですが)は、かなり年季の入った昔ながらの銭湯といった感じです。
浴室の入口とは反対側のトイレへ上がる階段に「休憩室」という案内があります。あれが噂の休憩室か…
周りのオジサン達から視線を感じつつ服を脱ぎ浴室へ入ると…

入ってすぐ目に飛び込んできたのは、チンポ勃起させシコッているオジサンでした。
そのオジサンに
「兄ちゃん!チンポ長いなー!」と、浴室に響き渡るほどのデカい声で言われ心折れかけたのですが無視して奥にある小さな湯船のほうへ行くとオジサン同士がチンポしゃぶりあっているところでした。
気を取り直そうとシャワーの前に座り体を流していると
「なーなー!チンポ見せてーなー!」と、さきほどのオジサンが股間に掛けていたタオルをめくってきます。
辟易というか閉口というか、ぐうの音も出ないというか、何と言えばいいのか、もう何も言えません…(笑)
さきほどの「チンポ長い」という微妙な言葉の選び方もジワジワきます…
リングしなくてよかったです…
まさか一般の銭湯で、こんな仕打ちを受けるとは…(笑)
股間が縮む思いをしながら、そのオジサンを振り切り浴室内を探検します。

1階には大小合わせて5つほどの湯船と小さなサウナ。
2階には2人が入れば自然と密着するほどのジャグジー、露天。
別の階段から上がるもう1つの2階には大きめのサウナ。
ここからも休憩室へ行けるようになっています。
こんな入り組んだ造りの銭湯は他にはないような気がします。
そして謎の休憩室。
板張りの古い洋室といった感じでベンチと灰皿が置かれています。
古いコインランドリーが置いてあるので、それの名残りでしょうか。
客は15人ほどで50代以上が8割。
あとはガチムチ、太めの30代後半です。
その日はノンケらしき人はいなかった気がします。
1人、スリ筋の同年代がいたのですが僕には興味なさそうです。
湯船に浸かっている人が少なく、みんなハッテン場ごとく、あちこちを行ったり来たり…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。