スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び日劇ローズ

2014.09.09.Tue.00:00
久しぶりの更新です。

今回は仕事終わりに行って来ました。
半袖シャツにスラックスのクールビズスタイルに、いつものように3連リング、ケツワレです。
弄られやすいようにシャツの下に着ていたインナーを駅のトイレで脱いで新世界へ向かいました(笑)

夜の新世界のいかがわしい雰囲気でテンションを上げようとフラついてみます。
歩いていると数人の同じオジサンとすれ違います。
すれ違いざまにビシビシと目が合い「どういう状況?」と興奮したのですが、あれは何だったのでしょうか…
路上に立つ街娼?女装?が目当てなのか、単純に一人で歩いているリーマンが怪しいだけだったのか…
「チンポ見せてや」と声をかけられたら路地裏で…と妄想をしたのですが、さすがにそんなことはなさそうです(笑)

いかがわしさ抜群の新世界国際劇場の前を通り、いつか地下へ行ってみようと、ローズへ向かいました。

着いたのが23時前だったので人も少なく静かです。
久しぶりのローズで感じたのは、初めて入った時の「ヤバい所へ来てしまったドキドキ感」や雄の匂いが充満したロビーの衝撃が薄れてしまったということでした。
ロビーも館内もトイレも相変わらず汚く相当な場末感なのですが、さほど股間を刺激しません。
4度目でもう麻痺してしまったのでしょうか…(笑)

館内へ入り二列目の席に座り映画を観ます。
こちらもまた股間を刺激しない映画の内容に眠気が襲って来たのですが「変態晒しに来たんだろ?」と自分の中でテンションを上げて、ファスナーを下ろし、蒸れたチンポを弄って勃起させます。
すると、すぐに後ろからオジサンにシャツの上から乳首を弄られます。
すかさず別のオジサンにはチンポをシゴかれます。
リングマラのせいか、疲れマラのせいか、すぐにイキそうになりながらも耐えます。
乳首、チンポ感じると全裸になりたくなったのですが、シャツをはだけられスラックスをずらされ弄られると、昼と夜とのギャップを感じて、これはこれで興奮しました。
最後はギャラリーに見られながら
自分でシゴいて腹にぶちまけました。

今回は数人に弄られる快感は得たのですが、場末のハッテン映画館の雰囲気にさほどエロさを感じなくなってしまった自分がいました(笑)
そろそろ新しい刺激を求めて、人が多い土日の昼に行くか、国際地下に行ってみなければ…と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。