スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日劇ローズ、国際地下をハシゴ 2

2015.01.08.Thu.00:00
新世界国際地下劇場へは昨年の11月に1度来たのですが、女装の人にしつこく追い回されて上の国際劇場に逃げたものの気持ちが萎えてしまい何もすることなく帰りました。
なので、3度目です。
チケットを買い階段を下りると鼻をつく苦い臭気が…
「あぁ、また来てしまった…」と股間が膨らみます。
とりあえず、後方で館内の様子をうかがおうとしていると
「あら~ひさしぶり~、寒かったでしょ~?」と知らないオネェのオジサンに手を握られ一気に股間が萎みました(笑)
初対面なのに「ひさしぶり」と声をかけるのはハッテン映画館での常套手段らしいです。
気を取り直して、脇の一人席に座り館内をうかがいます。
ローズと違いこちらは、そこそこ客が入っています。
さきほど見かけた自転車に乗った人が2人いました(笑)
席に座りながら乳首、チンポを弄りテンションを上げます。
ローズのヌケないゲイ映画とは違い、こちらのピンク映画には若干イケる俳優が出ています(笑)
軽くエロい気分になり後方の柱近くに移動します。
ジャージの上から股間を弄っていると、じわじわと視線を感じます。
後ろを振り返るとオジサンや女装など5人くらいにロックオンされていました。
目つきが獲物を狙っているような鬼気迫るものがあり
「やばい…グチョグチョにされる…」と身の危険を感じて脇の一人席に避難してしまいました。
席へ移ろうとしても手を掴んで股間を触ろうとしてきたり、席に座っていても後ろから手が出てきたりと、ローズとは違い国際地下にいる人はものすごく積極的でハンパないプレッシャーです。
(と、書きましたがローズもしつこい人は多いですね。何度か行ってわかりました)
「こんな超場末のハッテン映画館に来ているのだから、グチョグチョにされたいのだろう」と思われているのは分かっているのですが…
人の少ない日劇ローズで、しっぽり全裸になれても国際地下で変態晒せる度胸はありませんでした。
それと、そばでは魑魅魍魎阿鼻叫喚の数々が繰り広げられているのを目にしているので、自分にはまだ先になりそうです。
ということで、国際地下を出ました。

国際地下を出て、もう一度新世界を徘徊していると、どこからか「アー!アー!」という声が…
かなり大きな声だったので、これは露出、見られ好きの変態に違いないと思って声の聞こえる路地の隙間に行ってみると、男がドラッグクイーンのような女装にケツを弄られているところでした。
二人と目が合うと「あっ!やばい!」というような顔をされたので邪魔して申し訳ないと思い新世界を後にしました(笑)

これはまた別の日の話なのですが、深夜に大阪駅の近くを歩いていると、すぐ前を歩いていた30代くらいのパーカー、スウェット姿の男がいきなりスウェットをずらしケツ丸出しに。
「えっ?」と思って見ていると両手でケツを掴んで穴を広げながら歩いています。
後ろを歩いているのは自分しかいなかったので僕に見せつけているらしいです。
しばらくケツ丸出しで歩いて足早に角を曲がって行きました。
僕は信号待ちで立ち止まったのですが、男は振り返って僕がまだ見ているのを確認するとまたケツ丸出しに…
僕をノンケリーマンと思って見せつけてきたのでしょうが、まさか露出好きの変態が露出狂に遭遇するとは…
変態が変態を呼んだのでしょうか(笑)
自分も変態なのに日常の中で変態に遭遇すると何もできなかったです。
こちらも股間揉むくらいの反応していれば、どんな展開になっていたのでしょうか…
あの時の変態さん、見ていたら連絡ください(笑)

初めての新世界国際地下劇場

2014.10.15.Wed.00:00
初めての新世界国際地下劇場は連休中の深夜に行こうと思っていたのですが、台風が近づいていたので連休前の仕事終わりに行って来ました。

今回は急きょ行くことにしたのでリングはなしです。
ビキニは普段からスーツの下に穿いています(笑)

20時頃に国際地下の前に着きました。
外にある券売機でチケットを買うのですが、ポルノ映画の看板を撮影する観光客にジロジロ見られ軽く興奮しました。

受付を済ませ階段を降りると扉もなく、いきなり館内です。
まず気になったのが天井の低さです。
館内はそこそこ広いのですが(座席数は214らしいです)
天井が低いので押し潰されそうです。
後方に大きな柱が並んであるのも違和感を感じさせます。
ただ、そんな違和感がブッ飛ぶほどの汚さ、匂い!
この汚さをうまく表現できない自分が悔しいのですが
下水道の中の映画館と言った感じでしょうか…
それに廃墟感も足したほうがよさそうです。
手の届く高さに、なかなかの大きさのクモの巣が張っています。
館内は禁煙なのですが、みんな普通に吸っていて煙が充満しています。
タバコ、酒、小便、ザーメン、カビ等…が混ざり合った匂いが鼻と喉を直撃します。
来てすぐに思ったのは
「ここはスーツで来るところではない」ということでした(笑)
私服でも来たくないです…国際地下用の服が必要です…

客は20~30人ほどでしょうか。
その中に女装の人達は5~6人。
新世界でも女装は見かけますが、まじまじと見たことはなかったので、ちょっとビビりました。
ここは女装の聖地…というか地獄というか…
もう、ローズなんて足元には及ばないほどのぶっちぎりの場末感です。
場末を通り越して地の底、魔窟です。
なのに客達は我が家のように、くつろいでいます。 
上映中でもあちこちから話し声が聞こえ、座席に横になって寝ています。
淀んでいるのですが和やかな空気が流れています。
そのコントラストが国際地下独特の世界感なのでしょうか。
休憩室と呼ばれるタバコ、飲み物の自販機がある部屋が2つあり入ってみました。
あんなにタバコのヤニに染まりまくった壁は見たことありません。
そして、なぜか自動ドアのトイレは下水道の奥の奥といった汚さでした。
と五感をビンビンに刺激してくれる国際地下…

落ち着こうと一段高くなっている壁際の席に座り映画を観るというより辺りを、うかがっていたのですが、急にオジサン達が後方に大移動をしはじめたので
「何?」と思い後ろを見たら、暗黒ゾーンとよばれるスペースで女装を囲んで集団痴漢がはじまるところでした。
自分のことではないので詳しくは書きませんが、集団痴漢というよりヤリ部屋のミックスルームというような感じでした…
近くで見ていると数人からアプローチはあったのですが、初めて来て変態になれる勇気はありませんでした。
以前、初めてローズへ行った時に「こんなところに来てしまった感が変態心を刺激する」と書いたのですが、国際地下では刺激するどころか「お前にはまだ早い」と言われたようで委縮してしまいました。
そして、あまりにも空気が悪く鼻と喉がヒリヒリと痛むので30分ほどで降参してしまいました。

初めての国際地下は圧倒されて30分ほどで出てきてしまいましたが、この文章を書きながら「あの、どこにも経験できない雰囲気と匂い、ヤバさ加減をもう一度経験したい」という気持ちが湧いてきました。
次回は、せめてチンポは出したいと思います(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。