スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の新世界~西成徘徊

2017.09.13.Wed.00:00
ご無沙汰しております。
暑くなると露出の季節ですが、今年の夏は出張や旅行などで遠出することが多く、えげつないことをするタイミングを逃していました。

というわけで、夏の終わりに深夜の新世界~西成を徘徊してきました。
終電で向かい、まずは新世界をふらつきます。
上はTシャツ、下は何も穿かずに短パン、サンダル、ポケットにはリング3つです。
メインの通りは数年前とはすっかり変わって深夜でも賑わっていますが、外国人観光客に交じって堂々と女装が闊歩しているのは、ここだけの景色でしょうか。
ひとつ気になっていたのが、新世界の動物園入口から天王寺公園を抜ける道が夜間閉鎖されて、深夜にあの辺りに集まっていた人達はどこへ行ってしまったのだろうということです。
それらしいスポットを見つけるために天王寺公園の外周~一心寺あたりを歩いてみます。
昔からある、いかがわしいスポットは健在だったのですが、新しいハッテンスポットは発見できませんでした。
辺りを徘徊していると、すれ違いざまに数人とガンガン視線が合います。
視線が合う人とは脈ありということなのですが、前に見かけたことのある人ばかりだったので、いつでもやれる気がしてスルーしてしまいました。
何度か見かけたことのある40、50代の人は見分けがつくのですが、60代以上になると皆同じ風貌で見分けがつきません(笑)
なかなかの距離を歩いていると「自分は何をしているのだろう」という、どうしようもなさにかられるのですが、路上でバッタリ即変態行為…と考えると股間が膨らみます(笑)

妄想を膨らませながら、新世界からあいりん地区へと続く商店街を歩きます。
だんだんと小便の臭いがキツくなっていくのが軽くテンション上がります。
さらに進むと、商店街に停められている自転車がすべて倒されているという世も末かと思わせるような景色が広がり、さらにテンション上がります。
途中、ホームレスがダンボールを敷いて寝ているゾーンに寄ってみると、こちらをじーっと見ながら下半身丸出しで股間を弄っているホームレスを発見。
「こんな自分でよければチンポ見ますか?」と思って近寄ってみるも、クラッとするほどの強烈な臭いを放っていて断念。

続いて、あいりん地区をぶらぶら。
ここは年々、外灯が増えて深夜でも明るくなっているようです。
酩酊状態のホームレスに声をかけられ、相手しようとするも見周りの警察官が来たので断念。
あいりん地区は、あまり人気がなかったので商店街へ戻ります。

24時間営業のスーパーあたりでスマホをいじっていると、牛歩のようにゆっくり歩いてこちらを窺っている人の気配を感じます。
顔を上げると、この辺りを徘徊していて一度も見かけたことのない30代の人でした。
肌の感じは綺麗だったのですが、しばらく風呂に入っていない髪の感じと服の汚れ具合が最高に股間を刺激します(笑) 
その人とビシビシと目が合い、何かが始まる予感でチンポは即ビンビン。
ただ期待はしていたものの、突然のシチュエーションで面食らって目を逸らしてしまうと、むこうは脈なしかという感じで去って行きました。
「ちょっと待ってください!」と心で叫びながら後を追いかけると、スーパーへ入って行きます。
その人がスーパーから出てくるまで待ってみます。
すると、弁当とチューハイを買って、どこからかダンボールを持ってきて敷いてホームレスと談笑し始めました。
(自分もプレイとして路上にダンボール敷いて西成激安スーパーの弁当食ってみたいです。つきあってくれる方いませんか?)
声をかける勇気もなく、聞き耳を立てるとホームレスの「オメコ」という単語だけ聞こえてきました(笑)
話が終わったら再度挑戦してみようと思い適当に辺りをふらつき戻ってみると、誰もいませんでした。
同じ場所には、どこからか拾ってきたようなものを並べて売っています。
雑誌、ハブラシ、カミソリ、靴…と思っていたら人糞が…
もうなんというか、クラクラするほどの世界観です(笑)
気をとりなおし、まだ近くにいないかと焦りながら探すと千鳥足で歩いているのを発見。
タイミングを見計らって突撃しようと離れたところで様子を窺っていたのですがフラフラとアパートかドヤかに消えて行ってしまいました…
理想のシチュエーションを求めて深夜の西成を徘徊しているのに、いざというときにチキンすぎる自分を恨みます…
逃したチャンスはもうやって来ないと思い、その後はスパワールドで朝まで過ごしました。
変態としてのスイッチは完全に切れてしまっていたので、ただただ湯船に浸かり自分を悔やみ続けました…

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ひさしぶりの更新なのにチンポも出さず何もせずだったのですが、数日後も「あのままやっていたら…」と妄想が膨らみ、悶々としたものを昇華させずにはいられないという感じだったので文章にしてみました(笑)

新世界のビデオボックス 2

2016.08.10.Wed.00:00
ボックスに戻り、DVDを観ようとしていると、どこからか
「おぉ…あぁ…チンポ気持ちいい」という声が…
「これか!」と思いテンション上がります。
姿は見えないのにエロい声だけが聞こえるのが新鮮な感覚です。
TELズリとはまた違ったエロさです。
声の主はさきほどの40代の人でしょうか…
「変態として共鳴したい!」と思ったのですが、入ったばかりなのでちょっと落ち着きたいのと、個室の掃除のためか店員が通路をバタバタと歩くたびにボックス内が揺れるので一歩を踏み出せません。

とりあえず落ち着こうと、ヘッドホンをせずにDVDを観ます。
3人の男子高校生が女家庭教師を凌辱するといった内容です。
3人ともAV男優ぽくない細身の普通っぽい感じで、しかもパイパンデカマラ。
予想外に自分好みの内容で見入ってしまいました。
エロい気分になり、シャツのボタンをはずし軽く乳首を弄りスラックス、パンツを下ろしリングも装着し臨戦態勢に…
店員もいなくなり静かになり、そろそろ声で絡んでみたいと思ったら、まったく声が聞こえなくなってしまいました。
さきほどの声の主は帰ってしまったのでしょうか…
大事なタイミングを逃してしまったようです。

自分も軽く声を出してリングマラズリしてみたのですが何の反応もありません。
数人の客はいたものの、その後は静かな時間だけが過ぎて行きました。
仕方なく男の娘モノのAVを観てみると、モデルが女装する前に男のままでインタビューされるのですが、ゲイビデオで観たことのあるモデルが多数だったのが新しい発見でした(笑)

そろそろ時間もなくなり、雰囲気は十分楽しめたので店を出ました。
今回は絡むことはできませんでしたが、相手の姿を見ず、聴覚で繋がるズリ合いは興奮しそうです。
次は音立ててローションズリなんかやってみたいです。
通路には防犯カメラがあるので露出行為は難しそうです。
新世界には、もうひとつハッテン場化しているビデボがあるので、そちらにも行ってみたいと思います。

新世界のビデオボックス 1

2016.08.09.Tue.00:00
ひさしぶりに新世界へ行ってきました。

仕事終わりに向かい、今回の目的のビデボへ行く前に新世界をちょっとブラブラ。
金曜の夜だったのですが、夏休みに入ったということもあり、なかなかの賑わいです。
このブログを始めた頃に比べ外国人観光客、24時間営業の店も増え、大きなホテルもできて新世界の雰囲気もだいぶ変わったようです。
あたりを歩いていると「夜間封鎖反対!」という張り紙が…
何かなと思って見ると、この秋から動物園上の橋から天王寺方面へ続く通りが夜間封鎖されるとのこと。
「ホームレスの居場所をなくすな!」と反対している張り紙のようです。
深夜の動物園上の橋から美術館あたりは、かなり自由度の高い場所だったので露出好きには厳しいですね…
ホームレス同様、ハッテン行為を締め出す目的もあるのでしょう…
「閉鎖される前に深夜に行かなくては」と思いつつビデボへ向かいます。

今回行った「通天小町」というビデボはホテルタイプとボックスタイプがあるノンケ向けビデオボックスなのですが、個室のホテルタイプのほうは女装が集まるスポットとして有名です。
そして、もうひとつのボックスタイプは90分600円で入れるサービスルームとよばれる部屋があり、ここは完全個室ではなく天井部分が空いていて喘ぎ声、シコッてる音が筒抜けで覗き覗かれ、プチハッテン場化しているということです。
掲示板に書き込むと確実にやれそうですが、今回は雰囲気を味わいに行きました。

ビデボは新世界のメイン通りから路地に入ったところにあります。
入店し、まずDVDを数枚選びます。
場所柄か熟女モノがやけに多いです。
股間が反応しそうな若い男優が出ているAVを選び、ついでに興味そそった男の娘モノをカゴに入れてレジへ。
ホテルタイプの部屋は満室という表示がされています。
お金を払い急な階段を上がりボックスがある2階へ。

薄暗い照明、タバコと雄の苦い匂い、波打つ床と場末感に軽くテンション上がります。
ボックスは1畳ほどの広さで棚の上にはTV、卓上ライト、ヘッドホン、灰皿、テッシュが置かれ、ソファはリクライニングしないタイプです。
床はベタベタとして汚く、壁はヤニ、シミで汚れています。
ベニヤ板で区切ったような簡素な造りかと思っていたのですが、しっかりとした造りで仕切られています。
上はガラ空きですがソファにのぼらないと隣の部屋は覗けないので、上から覗くのは難しそうです。

その日は半袖シャツにスラックスのクールビズ、下はボクサー。
普段はスーツなどにタバコの匂いが付くのはストレスになるのですが、エロい気分の時だと雄の匂いが染みついたみたいで股間が膨らみます(笑)

年季の入ったトイレで用を済ませボックスに戻ろうとしていると、チャックからチンポだけ出して歩いている40代の人を発見。
これは期待できそうです(笑)

野外でグチョグチョ 2

2016.06.08.Wed.00:00
「抜いてや」と勃起したチンポ出してきます。
流れにまかせて咥えます。
ここ最近は露出、ズリ合いにハマッていたのでチンポしゃぶるのはひさしぶりです(まあ、昨年の夏ぶりですが)
「やっぱチンポうめぇ…」と、どうしようもない感慨に耽りながらしゃぶりつきます(笑)
「(フェラ)めっちゃうまいな」と年下くん。
感じてくれたのと、ひさしぶりのフェラでテンション上がってしまい、引かれてもいいやと思いパーカーと短パンを脱いで全裸に…
相手は着衣で自分だけが全裸というのがM心を刺激します。

「ドMなん?」と年下くん。
うなづくと、Sっぽくガンガン突いてきます。
デカすぎず、小さすぎず、ちょうどいい大きさのチンポで喉の奥まで刺さります。
「もっと喉使えるやろ?」と、えづいてもギンギンのチンポで容赦なく突いてきます。
喉の入口からチンポが入ってきてグニュッと喉奥を拡張され胃液?がダラッと出てくる喉尺?喉フェラ?で涙流しながら変態スイッチオン!
「唾ください」と懇願して、口に唾をもらいます。
涙、鼻水、ヨダレで顔面グチョグチョになりながら、しゃぶり続けます。
ガンガンに喉マン犯されヘロッてると「早よ」と軽くビンタされます。
ついでにマラビンタももらい、ますます顔面グチョグチョに…
「ストレス発散になるわ」と、片手で髪の毛掴んで思いっきり突かれます。
エロビデオでしか見たことのないようなドSプレイで最高にアガります。
人権をおろそかにされている感じが、これまた最高です(笑)
今日は軽めに抜ければいいやと思って、淡白そうな年下くんを誘ったのに、見た目からは想像できないドSっぷりです(自分も淡白そうな見た目なのですが…)
アプリなどで出会うのもいいのですが、この「まさかこんなことになるとは…」が転がっているギャンブル的要素が高いのがハッテン場の魅力というか…それと淫靡な雰囲気と…
共感してくれる方いるのでしょうか?(笑)

「そろそろイキそう」と年下くん。
「もしかしてオシッコもほしい?」と聞かれたので、アヘりながら
「はい」と答えます。
「イクッ!」とドバッと体にザーメンかけてもらいます。
顔面グチョグチョ、体はザーメンまみれでドロドロ、ブログタイトル通りの変態ホモに成り下がりました(笑)
年下くんのションベン待ちの間も
「シコッとけや」と言われ全裸で情けなくリングマラ弄ります。
そしてビチャッっと体にションベンもらいます。
もう変態の沼にズブズブとブッ飛んで堕ちて行きました(笑)

年下くんも満足したようで
「連絡先交換する?」と聞かれたのですが「もう出会えないかもしれないけど、ここへ来たら会えるかもしれない」という一期一会感に興奮するので交換はしなかったものの、やっぱり交換しておけばよかった…と後悔しています。
「最後に唾ください」とお願いすると、顔面に吐いて年下くんは去っていきました。

年下くんが去り、放心状態のまま顔と体を拭いて服を着て自転車に乗りました。
このままイカずに帰ると、また来ることになりそうなので、どこか開放感のあるところでブッ放したいと思い河川敷を走ります。
「あのグラウンドの真ん中で全裸で…」と思い自転車を止めます。
もうタガが外れた状態だったので平気でグラウンドの真ん中で全裸になり、寝転んで正常位の体勢でイキました。
射精の気持ちよさより、自分という存在を放棄してしまったような開放感が気持ちよかったです。
地面スレスレの位置から見た梅田のビル群が印象的だったのが、どうでもいい記憶です(笑)
たぶん近くの高校の部活動などに使われていると思うのですが、ごめんなさい。
離れた所に数人の人影があったのですが、もうどうでもよかったし、幻かもしれません(笑)
ただ、イッたあとはなかなかの自己嫌悪と一刻も早くシャワーをと…一心不乱にペダルを漕いで家路に着きました(笑)

ということで、ひさしぶりに乱れまくりました。
一年分の変態性欲を満たした感あるのですが、性懲りもなくまた繰り出して行くと思うので報告できればと思っています。

野外でグチョグチョ 1

2016.06.07.Tue.00:00
今年初めて野外ハッテン場に行ってきました。

その日は昼に鉄塔へ行き、特に何もすることなく帰ったのですが、深夜にまたムラつき水門のあたりに向かいました。
ハッテン場へ行ったものの何もせずに帰ると「次は何かあるんじゃないか?」と思って、また出かけてしまうのは自分だけではないはずです(笑)
今回は上はパーカー、短パンの下は何も穿かずに3連リングです。

自転車を止め偵察開始です。
水門のあたりには15人くらいがうろうろ。
体型、服装でだいたいの雰囲気は掴めるのですが暗過ぎて顔を確認するのが難しいです。
ここは比較的、年齢層が低かった気がするのですが40代以上の人も多数…
あまり盛り上がっている様子もなく静かです。
テニスコートのあたりに行ってみると、こちらは人はまばらです。
水門のほうへ戻り、またうろうろ。
素性もわからない者同士が性欲のみでつながり、終わればさよならというハッテン場独特の雰囲気に軽くテンション上がりながら彷徨います。
ただ、その日はかなり抜きたい気分だったので、めぼしい男はいないかと目を光らせます。
すると、20代前半~半ばくらいの体型、服装とも細身で、ざっくりいうと今風、非野郎系な感じの子を発見。
軽く抜き合いでもやりたいと思い、目を合わせてアプローチしてみると交渉成立のようです。
年下くんに着いて行き、隅の茂みに…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。